自然素材をおススメする理由

天然木を使った家づくり

適度な弾力や風合いの良さや香り、その質感とともに保湿効果もある天然のムク材。
使い込むほどに本物の木だけが見せる味わい。
時間が経てば経つほど美しく、ゆっくりと色目に深みが増し、ピッタリと肌に馴染む手触りになります。
室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が高い時には水分を吸収してくれる調湿機能を持っている天然木は、季節によって反(そ)ったり、少し隙間ができたり、床鳴りもすることがありますが、これは木が呼吸し、生きている証拠。
自然の中で生きてきた天然木だからこそ、“人に調和する”様々な効果も存在するのです。

天然木が人に与える効果には、
・不均一な木目が癒しを生む「ゆらぎ効果」
・木が空気中に発散する『フィトンチッド』という香り成分による「リラックス効果」などがあります。
さらに『フィトンチッド』の効果をひも解くと、防カビ・防菌・防虫効果の他、空気を浄化・消臭する働きなども存在します。天然木は自然と人を調和させる最高の材料なのです。

天然木が持つ「フィトンチッド」の効果とは?

消臭効果

排泄物臭、生ゴミ臭、タバコ臭、汚水臭などを除去します。フィトンチッドが空気中のにおい物質と接触して消臭反応を起こし、無臭の安定物質に変化させます。

アルファ波効果

森の中で深呼吸すると気分が落ち着き、さわやかさを感じます。これは森林浴効果と呼ばれているもので、森林の樹液が放出しているフィトンチッドが、脳のアルファ波(α波)を増加させるからです。
アルファ波(α波)には、気分を落ち着かせるリラックス効果や集中力のアップ、想像力(カンやひらめき)が発揮されやすいなどの効果があります。

脳 波 周 波 数 心 身 状 態
ガンマ(γ)波 30ヘルツ 不安・興奮・イライラ
ベータ(β)波 13~30ヘルツ テキパキ物事を処理している時・緊張(人間が目覚めている時の通常の状態)
アルファ(α)波 7~13ヘルツ リラックス・瞑想・集中没頭・カン・ひらめき・リフレッシュ
シータ(θ)波 4~7ヘルツ 疲労・うたた寝・ぼんやり・睡眠
デルタ(δ)波 0.5~4ヘルツ こん睡・熟睡

防カビ・防菌・防虫効果

多湿な日本では、カビなどの建物への影響を抑えるために、昔から木材が建材として使われてきました。また、防虫効果が大きいことから、ヒノキなど木材のたんすが古くから愛用されてきました。
さらに、細菌の増殖を防ぐために、お寿司屋さんや居酒屋さんのカウンターには木材を使用してます。

カビや細菌の増殖を抑える働き、食品への防腐・殺菌、家ダニへの防虫効果など、これらはフィトンチッドによるもので、日本ではその存在自体が知られていない昔から、その力が利用されてきました。

有害物質(ホルムアルデヒドなど)の低減効果

消臭だけでなく、フィトンチッドには優れたアメニティ効果があります。防カビ・防菌のほかに、オゾンや排出ガスなどの有害物質を低減させます。また、シックハウス症候群の原因ともいわれる、ホルムアルデヒドなどの室内汚染物質も中和してくれます。

このように、「フィトンチッド」の効果だけを見ても、たくさんの癒し効果を持っているのが天然の無垢材です。
合板のフロアや建具からすると、やはり高価なものですが、それだけの価値はあります。

その他の木材のメリット

  • 断熱性に優れ、冬でも裸足で立っていられます。
  • 調湿性に優れ、夏でも床がベトベトしません。(木材の呼吸を妨げないように自然素材専用の塗料を使うことで発揮されます)
  • 耐久性に優れ、傷を味だと捉えてもらえれば、何十年も何百年も長持ちする材料です。
  • 足や膝に負担が少なく、アトピーやアレルギーの心配も少なくなります。
  • 子供の身体や精神面にとって、とてもいい環境です。

また、無垢材は日頃のお手入れが大変だと思っている方も多いようですが、実際に住まわれているお客様にお話を伺ってみると、
「確かに多少気を遣うこともあるけれど、さほど問題はなく、万が一傷がついてしまっても、味になるのでほとんど気になりません。それより素材の持つやさしさや落ち着きを毎日実感して、癒されます」
という意見を、たくさんのご家族からいただいております。本当にありがたいことです。
ですから、私たちは、これからの時代は「自然素材は当たり前」と言っていいほど、自然素材にこだわっていきたいと考えております。

漆喰(しっくい)壁をおススメする理由

漆喰(しっくい)とは?

石灰岩→石灰石→焼く→消石灰→水和反応→漆喰
はるか昔、海中や海底の生物の遺骸が堆積し、隆起して陸地となったのが石灰岩。漆喰に使われる消石灰は、石灰岩を砕いた石灰石を焼き、水を加えて消火(水和反応)させて得られるものです。漆喰は消石灰に麻の繊維や海草(フノリなど)を混ぜ合わせ水で練ったもの。

こんなもので壁材として大丈夫なのかと思いがちですが、漆喰で塗った壁は時間が経つにつれ、だんだんと強くなり、百年掛けて元の石灰石の強度にまで戻るのだと言われています。
それだけ、強い材料ってことですね。
火に強く、雨で流れ落ちてしまうことはありません。
さらに、こんにゃくの凝固剤に使われるなど、身体にも安心な素材。
そして純白で美しい素材です。

漆喰は古くから世界中で使われている素材です

石灰石を主原料に自然素材だけでつくられた漆喰の塗り壁は耐久性に優れ、日本だけでなく、ヨーロッパなどの建築にも古くから使用されてきました。
日本の京都や奈良、倉敷の美観地区などの古い街並、欧米の美しい街並などには今もなお、漆喰が使われています。
ですから、漆喰は何百年もの間、美しい街並を守ることができる材料なのです。漆喰は断熱・保温・調湿・遮音・防火・耐久性に優れ、化学物質も吸着・分解する優れた性能を持った天然の壁材です。

漆喰の短所は?

漆喰の塗り壁は値段が高くなってしまう

漆喰は自然や環境に優しく、人やお家にも優しい材料ですが、塗り壁の材料をつくる工程や職人さんの現場での作業工程を考えると、工業生産されたクロスなどと比べ、値段が3~5倍ほど高くなってしまいます。

漆喰はヒビ割れしやすい素材です

セメントは一気に乾燥してしまいますが、漆喰は時間をかけてゆっくり乾燥・硬化を行います。その時に急激に乾燥してしまうと、セメントなどと同様、小さなヒビが入りやすくなってしまいます。
※ヒビを入りにくくするため、長めの工程をいただきます。
※小さなヒビが入っても、簡単な補修で分かりにくくできます。
 (メンテナンスも当社が行います)

漆喰の長所は?

漆喰は環境や身体に優しい素材です

漆喰は二酸化炭素を吸着する性質があり、地球温暖化の主原因であるCo2を吸収してくれます。
また、ホルムアルデヒドもシックハウス症候群の原因の一つですが、漆喰はこのホルムアルデヒドも吸着してくれるので身体にも優しい素材と言えます。

漆喰は耐久性に優れた素材です

漆喰の耐久性は抜群で、長期間にわたって安定した壁材として使えます。
施工後、年月を経るにしたがい空気中の二酸化炭素と化学反応し徐々に硬化し石化していきます。
100年かけて主成分である石灰石にもどるといわれています。
つまり、劣化することなく年々時間と共に割れにくく耐久性が増していく塗り壁材なのです。

漆喰は夏涼しく冬暖かい素材です

漆喰は多孔質構造で、断面が呼吸し続けます。
外壁に使用時、真夏のように大気温度が高い場合は壁面に受けた熱を放熱。
逆に真冬のように大気温度が低い場合は蓄熱します。
室内壁に使用した場合、冬場の室内温度を暖かく保ちます。
ですから、省エネ効果も期待できる材料です。

漆喰は吸放湿作用のある素材です

高温多湿な日本の気候風土に大変適した塗り壁材です。
内壁材は吸放湿性能がたいへん高く、室内の湿気を吸収してくれます。

漆喰は火災に強い素材です

漆喰は不燃材料で安全です。原料が無機物であるため燃えることはありません。
今も残る土蔵造りは江戸時代に発展したものですが、延焼を防ぎ貴重な財産を守るため漆喰を使いました。
現代の建築物には数多くの化学石油製品が含まれ、火災時にはダイオキシンなどの有毒ガスが発生しますが、漆喰壁なら安全です。

漆喰は消臭効果に優れた素材です

お家の台所などの身近な場所や生ごみなどから発生する魚臭やたまねぎ臭など。
一般にこれらの悪臭ガスの消臭は難しいとされていますが、漆喰の消臭性能は優れており、24時間後にはおよそ90%の減少率が確認できます。

漆喰は自浄作用のある素材です

静電気を発生させない為、空気中の汚れを吸って黒ずんだり変色する事が少ない性質を持っています。たとえ汚れても自己浄化作用や汚れの落ちやすさも大きな特性です。

漆喰は美しく、落ち着きのある素材です

私たちが漆喰をお勧める第一の理由は、「環境」や「身体」に優しいということもありますが、なによりも「美しさ」や目に見えない「温かみや安らぎ」があるところです。
天然の木と相性ピッタリの雰囲気もおススメする理由です。

断熱材にアクアフォームをおススメする理由

水で発泡する断熱材

アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。
これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

施工事例一覧

PAGE TOP